LiAir V

LiAir Vは、GreenValley International(GVI)によって設計および製造された、軽量のUAVまたはsUASに搭載したLiDAR調査機器です。

このシステムはLivox Mid-40レーザースキャナーを備えており、GVIのLiAirシリーズで最もコスト効率の高いLiDARシステムの1つです。

この軽量の3D測量およびマッピングペイロードは、DJIのMatrice 210、210RTKおよび600シリーズプラットフォームを念頭に置いて設計されました。

LiAir Vは、非常に正確な3D点群データを提供でき、林業を含むさまざまな業界のアプリケーションに最適です。

ミッション計画ソフトウェア

LiPlanは、LiAirシリーズ用に設計されたUAV地上局アプリケーションです。 LiPlanは、ユーザー定義の関心領域と測量パラメーターに従って飛行経路の生成を自動化し、ワンボタンの離陸設計により、LiPlanは、校正用の8字操縦とデータ取得の飛行経路を自動操縦で飛行します。

フライト動画

preview

DJI マトリス210搭載

preview

ドローン上昇時

preview

ドローン飛行時

preview

SkyHeli Mini搭載

preview

SkyMaper搭載

Sample Data

3D点群データを360°回転させてご覧いただけます。

open_in_new

林業

LiAir Vによって取得されたポイントクラウド。ツリーのセグメンテーション、デジタルモデルの生成、ツリーのパラメーターの抽出に使用できます。

open_in_new

都市計画

航空機搭載LiDARシステムによって取得され、都市計画や道路調査に使用できます。

open_in_new

電力線

電力線回廊のデータ収集。危険な交差線を検出し、さまざまな環境内の送電状況をシミュレートするために使用できます。

製品仕様

レザーセンサ
Livox Mid-40
距離精度
± 2 cm
スキャンレンジ
  • 90 m @ 10% reflectance
  • 130 m @ 20% reflectance
  • 260 m @ 80% reflectance
システム精度
± 5 cm
POSシステムのパフォーマンス
  • 姿勢: 0.008° (1σ)
  • 方位角: 0.038° (1σ)
内部メモリー
128 GB
利用可能なポート
イーサーネット
重量 (バッテリ除く )
1.0 kg
寸法 (メインユニット)
125*70*116 mm
ルートプランニングソフト
LiPlan (専用ソフト)
取得/ PP POSソフトウェア
LiAcquire web と LiGeoreference
スキャン角
38.4°
スキャンレート
100,000 pts/s