3D PluraView

3Dステレオディスプレイ

FHD/2.5K/4K 平面からの変換

3Dステレオディスプレイの世界的標準

  • プロの連続使用に応えるフリッカーフリー
  • 昼間でも良く見える高輝度
  • ダブルハウジングデザイン︓22” または 27” / 28”
  • 広視野角マルチユーザー機能
  • 写真測量およびGIS認定
  • 解像度:Full HD、2.5K、4K

価格情報等は、TPホールディングス(ICT営業部)までお問合せください。

革新的なステレオ写真測量モニター

完璧な3Dステレオ体験のためのちらつきのない高解像度の視覚化。

Schneidar Digitalの3D PluraViewは、折り畳み式PLANARビームスプリッターシリーズの後継機種です。
革新的で信頼性の高い技術は、日中でも高品質で正確でピクセル精度の高い立体画像評価の基盤です。
3D PluraViewのビームスプリッタテクノロジは、各ディスプレイに対し最大4Kの鮮やかな明るさでフルモニター解像度を実現します。
それはユーザーがすべての3Dステレオアプリケーションで快適に作業ができることを可能にします。
3D PluraViewの新しいBlackTunerテクノロジは、暗い画像領域でも物体を簡単に検出し、瞬時に「ゴースト」とあいまいさを軽減しユーザーをサポートします。それが、写真測量およびGISアプリケーションのあらゆる専門分野における完璧な3Dステレオビジュアライゼーションへの鍵です。

大手GISソフトウェアの認定

3D PluraViewアプリケーションと実践例

GIS・点群解析処理向け高性能カスタムワークステーション

TP-WS シリーズ

3DスキャナーやUAV(ドローン)による3次元データ解析には、その膨大な点群データの処理をいかにスムーズに処理することができるかが、業務の効率化に大きく影響を与えます。
膨大な点群データ処理をスムーズに行うためには、CPU・GPU(グラフィックプロセッサー)はもちろんのこと、マザーボードや電源部などのワークステーションの主要部を、点群データ処理に特化した高性能なワークステーションが必要となります。
TP-WSシリーズは、それらの要求にお答えするために、お客様のニーズに合わせたカスタマイズ可能なワークステーションです。
パフォーマンスモデルからハイエンドモデルまで、安定性と快適性を追求し、お客様のご要望と用途に合わせた、最適・最良のワークステーションをご提供します。
2機種のベースモデルをご用意。ご要望に合わせて、各ベースモデルをカスタマイズいたします。

価格情報等は、TPホールディングス(ICT営業部)までお問合せください。